NIIDATE 新舘建設株式会社
お気軽にお問い合わせください03-3700-5511

事業案内 Business

地中線工事

電線共同溝とは?

電柱にはりめぐらされた電線類は、都市の景観を損なうばかりでなく消防活動の妨げになるなど防災の面から支障になっています。
また、震災や台風時には電柱が倒れたり電線が切れたりするなど,風や雷、雪等の自然条件にさらされるため事故率が高く、電力や通信サービスの安定的な供給の面からも問題があります。

このため、これらの電力線、電話線等や、さらには新しい情報用ケーブル(光ファイバーなど)を道路の地下に収容するのが電線共同溝(通称C・C・BOXと呼ばれ、はじめの「C」にはCommunity、Communication、Compactという3つの意味があり、「C・BOX」はCable Boxの頭文字)です。

東京電力の地中線工事が主な工事となっています

施工前

施工前

施工状況

施工状況

施工前

施工完了