NIIDATE 新舘建設株式会社
お気軽にお問い合わせください03-3700-5511

事業案内 Business

プラロード工法

迅速な仮設道路構築を実現した セキスイ プラロード工法

プラロードとは

水田地帯、軟弱地盤への利用に最適なカンイン仮設道路資材

従来、平地における鉄塔建設工事や送電線張替工事などにおいては砂や砕石、枕木や鉄板などを組み合わせて施工スペースを確保しておりました。そこで昨今高まる資源循環のニーズに応え、当社の樹脂成形技術を活かした資源循環型の簡易仮説道路資材、「プラロード」を開発しました。

(2010年11月 NETIS認定完了) 登録番号:KT-100053

プラロード01

弊社実証実験 - 13段積層時の10tダンプ走行実験 -
(実験動画ご覧下さい:実験動画

用途は様々、仮設事務所やステージを設置することも可能

プラロードを設置する事で、上部利用用途がアイデア次第で拡がります。通常は砕石等で路盤を形成しなければなりませんが、路盤材の代わりにプラロードを設置する事で工期短縮、施工費共にダブルで効果を発揮します。

プラロード02

プラロードの主な特長

養生性能 高い通水性で最高の養生性能を発揮
安定性 千鳥配置の構造で安心の安定性能
高強度 大型ダンプ、50tラフタクレーン走行が可能
施工性 軽量かつ簡単な構造でラクラク人力施工
環境性能 コンパクトな集積運搬でCO2を大幅削減
沈下防止 荷重分散構造で現地盤の沈下・圧密防止
整地不要 元の耕作地へ容易に復旧可能
汎用性 資材置き場から仮設トイレの基礎まで、幅広い汎用性
ラフタークレーン

ラフタークレーン

プラロードの適用範囲

休耕田 畑や稲刈り後の水田地帯に最適
山間部 人力施工で狭い場所でもOK
砂浜 人工海浜などの砂浜でも実績アリ
屋内 体育館やイベントホールにも応用可能
水路 水路でも確実な撤去でクリーン施工
その他 災害などの緊急時にも最適
敷設中

敷設中

敷設中

撤去後

敷設中

仮設材使用/未使用の比較

プラロードの施工手順

  1. 1.プラロードを敷設 1.プラロードを敷設
  2. 2.スペーサーを敷設 2.スペーサーを敷設
  3. 3.上面に鉄板を敷設 3.上面に鉄板を敷設

下記のリンクをクリックしますと、各材料別の寸法表がご覧いただけます。

Acrobat Reader DC

※PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe Acrobat Reader DCは無料でご利用いただけます。

弊社プラロード施工の実績写真

  • JR御宿線№3建替工事 千葉県夷隅郡御宿町
    JR御宿線№3建替工事 千葉県夷隅郡御宿町
  • 印旛沼二期農業水利事業 宗吾北幹線用水路始点部工事 千葉県成田市
    印旛沼二期農業水利事業 宗吾北幹線用水路始点部工事 千葉県成田市
  • 印旛沼二期農業水利事業 宗吾北幹線用水路その5工事 千葉県印旛郡酒々井町
    印旛沼二期農業水利事業 宗吾北幹線用水路その5工事 千葉県印旛郡酒々井町
  • H26 大蘇ダム堆積土撤去その他工事
    H26 大蘇ダム堆積土撤去その他工事
クロスウェーブ・プラロードについてのお問い合わせはこちら