NIIDATE 新舘建設株式会社
お気軽にお問い合わせください03-3700-5511

事業案内 Business

土壌汚染調査

土壌汚染対策法による調査

  1. 1)土地の履歴調査

    土地の古地図、住宅地図、聞き取り等によりその土地の履歴を調べます。

  2. 2)概況調査

    土壌汚染の有無及び汚染面積を調査確定します。

    概況調査
  3. 3)詳細調査

    概況調査の分析結果を基にボーリング調査を行い汚染深度の確定をします。

    詳細調査
  4. 4)土地評価

    調査、結果を基に汚染された土地範囲(面積・深さ)を確定します。

調査・対策の必要なとき
  1. ① 工場の跡地を売却する時。
  2. ② 不動産の価値を評価する時。
  3. ③ 不動産を証券化する時。
  4. ④ 土壌汚染、地下水汚染が考えられる時。