NIIDATE 新舘建設株式会社
お気軽にお問い合わせください03-3700-5511

事業案内 Business

土壌汚染浄化工事

土の改良、地下水の改善を目的とした工事

  1. 1)リスク評価

    地下水まで汚染されている可能性を調査します。

  2. 2)対策計画(技術の選択、施工方法の検討)

    土壌分析結果で有害と判別された土地を、更に掘削調査を行います。

    [A] 土壌改良(1.土壌の入れ替え 2.土壌の浄化)

    [A] 土壌改良(1.土壌の入れ替え 2.土壌の浄化)

    掘削状況

    [B] 地下水の改善

    [B] 地下水の改善

    水処理

  3. 3)浄化

    汚染された土を除き、良質な土と入れ替えます。

    浄化
  4. 4)モニタリング

    汚染の有害度の減少チェックを行います。

  5. 5)確認

    汚染の有害度の減少チェックを行います。

  6. 6)完了

    浄化完了。

第二回土壌汚染処理技術フォーラム発表技術
日時:
平成17年6月29日
場所:
東京都庁第一本庁舎大会議室
Acrobat Reader DC

※PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe Acrobat Reader DCは無料でご利用いただけます。