NIIDATE 新舘建設株式会社
お気軽にお問い合わせください03-3700-5511

事業案内 Business

クロスウェーブ工法

クロスウェーブは雨水の有効利用を実現します。 クロスウェーブ工法

クロスウェーブとは

クロスウェーブが生み出す地下空間は大雨による河川や下水道の氾濫を抑制する一方、貯めた雨水を必要に応じて活用できる環境をもたらします。

クロスウェーブの主な特長

高空隙率 90度ずつ交差させ積み上げることにより高い空隙率が確保できます。
工期短縮 施工は人力で積み上げる事ができ、コンクリート工法のようじょうは不要です。
高耐荷重設計 鉛直方向は総荷重25トントラック(T-25)対応
水を汚さない 材質はポリプロピレンを使用。
耐薬品性、耐水性に優れ、水を汚しません。

クロスウェーブの適用範囲

流出抑制 区画整理や造成などの開発事業にともない、地下調整池として雨水の流出を抑制いたします。
雨水利用 貯めた雨水は生活用水、工業用水、農業用水に利用できます。
適用例 貯留、浸透、貯留浸透施設としての使分けができます。
・公園、緑化施設下
・駐車場下、歩道下
・学校グランド、運動競技場
・防火水槽

クロスウェーブ施工例

  • 運動競技上

    運動競技上 施工中
    運動競技上 完了
  • 小学校グランド

    小学校グランド 施工中
    小学校グランド 完了
  • 戸建住宅駐車場下

    戸建住宅駐車場下 施工中
    戸建住宅駐車場下 完了
クロスウェーブ・プラロードについてのお問い合わせはこちら